FC2ブログ

【#毒親について】

今日から、中野信子さんという認知科学の先生の著書「毒親」という本を読み始めました。

「毒親」という言葉は、ネット上のスラングか何かかと思っていましたが、どうもそうではないようです。
もとは、1980年代のアメリカで使われ始めた言葉「Toxic Parents」で、それの日本語訳が「毒親」ということになっているようです。

まだ3分の1くらいしか読んでいないのですが、びっくりしたことが、ひとつありました。

もう、少し前の話になりますが、僕のところへやってきた方が、こんなことを言ってました。

「私が彼氏を母に紹介すると、ことごとく『だめ出し』されてしまう」

なので、僕が、

「彼のどんなところが気に入らないとおっしゃるのですか?」

と聞くと、

「全部です」

という答えでした。

全部とは、「顔を含む容姿、職業、学歴、年収、性格」など、文字通り、全部を否定されてしまうのだと言っていました。


話は、元に戻りますが、実は、今読んでる「毒親」という本に、全く同じことが書いてあった、つまり、「毒親の典型例」として、「娘の恋人を認めない母親」というのが出てきて、そこに書いてある内容も僕が顧客から聞いた話と全く同じだったので、僕は、びっくりしたのです。

皆さんだって、もし自分が体験したことが、そのまんま全然知らない人の本に書いてあったら、驚くでしょ?

その本に書いてある「毒親の典型例」は、僕が「実際にお会いしてお話を伺った方の話」とピタリと一致していた訳で、うちのような零細でもそのようなことが起こるということは、「娘の恋人を全否定する毒親」というのが、世の中には、かなりの数存在するんじゃないか?ということなんだと思います。

ただ、うちの顧客の場合は、ちょっと「おまけ」がついていて、ある時、彼氏を紹介したら、

「前の彼氏の方が良かった」

と言われたそうです。

ひどい親もいるもんだと、その時は思いましたが、まぁ、そういう親は「毒親」と呼ばれていて、そう珍しい存在でもないということがわかりました。

この本の「最終章」は、

自分を育てなおす-毒親育ちの宿命から解放されるには

です。

まだ読んでいませんが、もし、そこから何かが得られれば、僕の今後の活動に活かしたいと思っています。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

「こころケア」カウンセラー平山靖高

Author:「こころケア」カウンセラー平山靖高
神奈川県川崎市中原区でカウンセラーをやってる平山靖高といいます。
1960年代の生れで、1980年代に早稲田大学を卒業後、富士通に就職。2014年に富士通を退職し、2年間バイトをしながら、カンセリングや心理学を学び、2016年7月にカウンセリングルーム「こころケア」を開業し、現在に至る。
離婚経験があり、現在は独身。ちなみに子供はいません。
詳しい自己紹介をブログ本文に載せているので、是非ご参照下さい。


ビール,音楽(最近のお気に入りは米津玄師のLemon),韓国旅行が好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター(PV)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

カウンセリング アダルトチルドレン 防衛機制 パーソナリティ障害 自己紹介 PayPay 富士通 愛着障害 カウンセリング技法 コミュニケーションスキル 開業 自己開示の返報性 返報性 多重人格 解離性同一性障害 好意の返報性 自尊心 完璧主義 職業倫理 早稲田大学高等学院 アディクション 嗜癖 適応障害 強迫神経症 ドア・イン・ザ・フェイス タイガーウッズ カウンセラー ADHD フット・イン・ザ・ドア 発達障害 大学時代 カウンセリング料設定 来談者中心療法 退職 離婚 早稲田 結婚 認知行動療法 統合失調症 カサンドラ症候群 GW JetSki 新婚生活 高校時代 依存症 ゴールデンウィーク 笑顔 上手なNOの言い方 完璧主義の治し方 ペット 年金 分離 投影 投射 カタルシス 子猫 里親募集 歯磨き 消費税 増税 不眠恐怖症 不眠症 自己肯定感 忖度 DV 同一化 Mami 韓国 ノンバーバルコミュニケーション 守秘義務 リストカット 摂食障害 アサーション 対話分析 バーバルコミュニケーション 逃避 性的暴力 補償 昇華 知性化 合理化 平成 令和 うつ 

「こころケア」公式SNS
「こころケア」アンケート
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR