FC2ブログ

認知行動療法について

僕のところへは、たまに「認知行動療法を受けたんだけど、治らなくて・・・」と言ってやってくる方がいます。

ご存知ない方のために、一応書いておきますが、「認知行動療法」というのは、その人の「認知」=「物の見方・感じ方」と「行動」に働きかけることで、その方に起こっている問題を解決しようとするやり方の「総称」なので、「『認知行動療法』をやったけどダメでした」とだけ言われても、その方が、どんな治療を受けてきたのかは、僕にはわかりません。

「具体的に、どんなことをやりましたか?」

というふうにお聞きしないと、その方にどんな治療が行われたのかはわからないのです。

たとえば、世の中で、広く行われている認知行動療法には「不登校の子どもの『登校練習』」とかパニック障害の方に行われる「曝露エクスポージャー法」とか、薬物中毒の方への対応なんかがあります。

「登校練習」では、例えば、まずは「朝起きて支度をする」というところから始めます。
それができるようになったら、「学校の門まで行って帰ってくる」へとレベルアップします。
それもできるようになったら、「保健室まで行って、一定の時間、滞在して帰ってくる」にレベルアップします。
この辺までくると、術者によって、指示が色々違ってくると思いますが、例えば「教室の前まで行って、帰ってくる」とかの練習を繰り返し、最終的には、登校ができるようになるまで、練習を繰り返します。
このようなやり方について、少し解説しますが、「認知」の側面としては、その子どもが、何が理由で不登校になったかは、ちょっと置いておいて、登校練習の繰り返しの中で「学校は怖い場所ではない」ということを「認知」してもらうわけです。
保健室でいじめにあうようなことはないでしょうから。
「行動」の側面としては、「朝、起きて、支度をして、学校まで行き、帰る」という一連の行動を繰り返すことで、抵抗なくそういうことができるようになることを目指す(習慣化する)のです。

このように、「認知」と「行動」の両面に働きかけるものは、全部「認知行動療法」と呼ばれており、かなり色々なことが幅広く行われています。

上記の「登校練習」の例の中で、僕が「さらり」と書いた「その子どもが、何が理由で不登校になったかは、ちょっと置いておいて」という部分について、

「そんなんで、ホントにいいの?」

とお感じになった方は、とてもよいセンスをお持ちだと思います。

その疑問は、まさしくそのとおりで、「ちょっと置いておく」というのは、よくはないのです。


考えてみて頂きたいのですが、

「いじめ」は、残念ながら、多数、実存しますね。
でも、
いじめっ子は、なぜ、いじめるのでしょうか?
いじめられる子は、なぜ、いじめられるのでしょうか?

似たようなことは、大人の世界にもあります。

パートナーの死に遭遇して、うつに沈む人もいますが、そうならない人もいます。
リストラに遭遇して、うつに沈む人もいますが、たくましく生き延びる人もいます。

同じ出来事に遭遇したとしても、その後どうなるは、人によって全然違います。
それはなぜでしょうか?

このような話になると、とかく「それは認知の歪みがあるからだ」という議論になりやすいです。
「本人の「見方・感じ方」がゆがんでいるから、そうなるのだ」と解説している関係者は多いです。

実際、それは間違ってはいないのでしょう。
きっと、ゆがんだ認知傾向を持っている方が多いんだと思います。

でも、

「だから、そのゆがんだ『認知』を直せ。そうすれば、うつも治る」

というのは、少し違うんじゃないかと僕には思えます。

僕なら、そういうふうには考えず、

「なぜ、その人は、その『ゆがんだ認知傾向』を持つようになったの?」

と素朴に考えます。

すごく単純な発想ですが、そこにこそ、本当の原因があるように思うのです。

そして、今の僕が知っている範囲では、「本当の原因」は「愛着の問題」、つまり、育つ過程で、親の愛情を受けることがなかったか、受けたとしても、どこかがおかしかったのでは?というケースが少なくないように思います。

それは、形式的に「登校練習」をさせることで治ってしまうような簡単なものではない。

僕は、そういうふうに考えています。


コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

「こころケア」カウンセラー平山靖高

Author:「こころケア」カウンセラー平山靖高
神奈川県川崎市中原区でカウンセラーをやってる平山靖高といいます。
1960年代の生れで、1980年代に早稲田大学を卒業後、富士通に就職。2014年に富士通を退職し、2年間バイトをしながら、カンセリングや心理学を学び、2016年7月にカウンセリングルーム「こころケア」を開業し、現在に至る。
離婚経験があり、現在は独身。ちなみに子供はいません。
詳しい自己紹介をブログ本文に載せているので、是非ご参照下さい。


ビール,音楽(最近のお気に入りは米津玄師のLemon),韓国旅行が好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター(PV)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

カウンセリング アダルトチルドレン 防衛機制 パーソナリティ障害 自己紹介 PayPay 富士通 愛着障害 カウンセリング技法 コミュニケーションスキル 開業 自己開示の返報性 返報性 多重人格 解離性同一性障害 好意の返報性 自尊心 完璧主義 職業倫理 早稲田大学高等学院 アディクション 嗜癖 適応障害 強迫神経症 ドア・イン・ザ・フェイス タイガーウッズ カウンセラー ADHD フット・イン・ザ・ドア 発達障害 大学時代 カウンセリング料設定 来談者中心療法 退職 離婚 早稲田 結婚 認知行動療法 統合失調症 カサンドラ症候群 GW JetSki 新婚生活 高校時代 依存症 ゴールデンウィーク 笑顔 上手なNOの言い方 完璧主義の治し方 ペット 年金 分離 投影 投射 カタルシス 子猫 里親募集 歯磨き 消費税 増税 不眠恐怖症 不眠症 自己肯定感 忖度 DV 同一化 Mami 韓国 ノンバーバルコミュニケーション 守秘義務 リストカット 摂食障害 アサーション 対話分析 バーバルコミュニケーション 逃避 性的暴力 補償 昇華 知性化 合理化 平成 令和 うつ 

「こころケア」公式SNS
「こころケア」アンケート
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR