FC2ブログ

DVとカウンセリング

DVとは、DOMESTIC(家庭内) VIOLENCE(暴力)の頭文字ですから、多くの方は、「家庭内で妻に暴力をふるう夫の行為」をイメージするのではないか?と思います。

僕も、カウンセラーになる前には、そんなイメージを持っていました。

しかし、カウンセラーになって学んだのですが、DVの定義は、もっと広いのです。

身体的暴力はもちろんのことですが、

精神的暴力(暴言、不貞を疑う、家から閉め出すなど)、

経済的暴力(生活費を渡さない、借金を重ね、責任を取らせるなど)、

性的暴力、

社会的隔離(外出や親族・友人との付き合いを制限する、携帯をチェックするなど)

もDVとされています。

当方(カウンセリングルーム「こころケア」)にもDV被害者の方がいらっしゃることがあります。

「お酒を飲んで、借金を重ね、働かない、注意すれば暴力をふるう」などという、今時、3流ドラマにですら出てこないような行動を取る方が、実際にいらっしゃるのです。

こういう方は、明らかにDV加害者に該当する訳です。

その多くは、男性であるように感じてます。

DV被害者の方が当方へいらっしゃった場合には、詳しくお話をお聴きして、悩みを共有するのはもちろんなのですが、その他、自治体のDV相談支援センターに相談するように提案します。
DV相談支援センターでは、DVに対する法的対処方法や安全確保など、様々な相談を受け付けています。
例えば、当カウンセリングルームがある川崎市のDV相談支援センターは、こちらです。
DV支援センターでは、DV被害で傷ついた心に寄り添う、といった対応はしてくれないかもしれませんが、「配偶者からの暴力の防止及び被害者の保護等に関する法律」にもとづく支援を受けることができるようになっています。

しかし、やっかいなのは、DV被害者の中には「私が頑張れば、あの人もいつか目をさましてくれるのではないだろうか?」などと、どこかでDV加害者のことを信じている、あるいは信じたいと思っている方がいらっしゃることがあるのです。

そういう方は、周りが離婚を勧めても応じませんし、DV相談支援センターを紹介しても、「もう少し、様子をみたい」などとおっしゃります。

もしかしたら、口には出さないけれど、「まだ愛している」ということなのかもしれません。
法律や相談窓口などの「形」を作っても、人の心の問題は解決しない場合があるということです。


-次回に続く-

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

「こころケア」カウンセラー平山靖高

Author:「こころケア」カウンセラー平山靖高
神奈川県川崎市中原区でカウンセラーをやってる平山靖高といいます。
1960年代の生れで、1980年代に早稲田大学を卒業後、富士通に就職。2014年に富士通を退職し、2年間バイトをしながら、カンセリングや心理学を学び、2016年7月にカウンセリングルーム「こころケア」を開業し、現在に至る。
離婚経験があり、現在は独身。ちなみに子供はいません。
詳しい自己紹介をブログ本文に載せているので、是非ご参照下さい。


ビール,音楽(最近のお気に入りは米津玄師のLemon),韓国旅行が好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター(PV)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

カウンセリング アダルトチルドレン 防衛機制 パーソナリティ障害 自己紹介 PayPay 富士通 愛着障害 カウンセリング技法 コミュニケーションスキル 開業 自己開示の返報性 返報性 多重人格 解離性同一性障害 好意の返報性 自尊心 完璧主義 職業倫理 早稲田大学高等学院 アディクション 嗜癖 適応障害 強迫神経症 ドア・イン・ザ・フェイス タイガーウッズ カウンセラー ADHD フット・イン・ザ・ドア 発達障害 大学時代 カウンセリング料設定 来談者中心療法 退職 離婚 早稲田 結婚 認知行動療法 統合失調症 カサンドラ症候群 GW JetSki 新婚生活 高校時代 依存症 ゴールデンウィーク 笑顔 上手なNOの言い方 完璧主義の治し方 ペット 年金 分離 投影 投射 カタルシス 子猫 里親募集 歯磨き 消費税 増税 不眠恐怖症 不眠症 自己肯定感 忖度 DV 同一化 Mami 韓国 ノンバーバルコミュニケーション 守秘義務 リストカット 摂食障害 アサーション 対話分析 バーバルコミュニケーション 逃避 性的暴力 補償 昇華 知性化 合理化 平成 令和 うつ 

「こころケア」公式SNS
「こころケア」アンケート
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR