アダルトチルドレンとカウンセリング

アダルトチルドレン」(以下、「AC」と書きます)と聞いて、ピンとくる方は少ないかもしれません。

ACは、心の病気ではないのですが、それで苦しんでいる方も少なくないので、今日、少し、このブログで触れておきたいと思います。

ACとは、簡単に言うと、機能不全家族に育ったがゆえに、心が、普通の人とは少し異なる成長を遂げてしまい、大人になっても、どこか心に閉塞感、息苦しさ、生きにくさなどの感情を抱えて生きている方のことです。

少し、わかりにくいですよね。

なので、もう少し、わかりやすく説明していきます。

「機能不全家族」とは、簡単にいうと愛情が欠落している家族のことです。
機能不全家族の代表例が虐待のある家庭です。

虐待とは、親が暴力をふるっているというだけでなく、「バカヤロー」とか「このろくでなし!」あるいは「(女の子に向かって)男の子に生まれれば良かったのに」などと暴言をあびせている場合も含まれます。(精神的虐待)

その他、親がアルコール依存や薬物依存である家族、性的虐待のある家族なども機能不全家族に分類されます。

このような機能不全家族に生まれた子供は、多くの場合、親の十分な愛情を受けることができないまま成長してゆくことになります。

子供の成長にとって、親の愛情は必要不可欠なものであり、これが欠けているということは、子供の心の成長に大きな悪影響を及ぼします。

例えば、親の愛情が欲しいがゆえに、親の気に入るようにふるまうことが常態化し、それを何年も続けているうちに、本当の自分の気持ちが自分でもわからなくなってしまったり、自分の素直な感情表現ができなくなってしまったりしている方がいらっしゃるのです。

ACの方は、多くの場合、コミュニケーションを苦手としているようです。

それは、ACの方は、素直な自分を表現することが上手ではないため、心の交流を得にくいということが背景にあるんじゃないかな?と僕は思っています。

「自己開示の返報性」と言いますが、人には、自分に対して心を開いてくれた人には、自分も心を開きたいという心理が働きます。

素直な自分を表現できない、あるいは本当の自分が自分でもよくわからなくなってしまっているACの方は、当然、自己開示がうまくできないので、相手も心を開いてくれないことになり、その結果、コミュニケーションが苦手になっているんじゃないかな~というのが、何人かのACの方に接してきた僕の推測です。


冒頭に「ACは病気ではない」と書きましたが、当方(「カウンセリングルームこころケア」には、長年にわたりACで苦しんでいるという方が時々、いらっしゃいます。
当方にACだとおっしゃる方がいらっしゃった場合には、まずは、どのようなご家庭で育ったのか、詳しくお聴きします。

「虐待」といっても、その態様は千差万別であり、詳しくお話をお聴きしないと、機能不全家族であったのかどうか、わかりません。

詳しくお話をお聴きした上で、ご家庭が機能不全であったか、それに近い状態であったと僕が思ったら、次は簡単な心理テストを受けてもらっています。

しかし、そのテストの結果のみをもってして、その方がACなのかどうかは判断はしません。
このテストでは、他の心の病でも、同様の結果が出ることがあるからです。

テストの結果、ACの傾向が認められれば、取りあえず、「可能性は高い」と考えます。
そして、最後に、「機能不全家族とは何か」「そこで、どのような影響を受けて、どのように成長した方がACと呼ばれるのか」を資料を使って、ご本人に説明します。

その説明を聴いて頂いた上で、ご本人が、「自分はACである」とお考えになる場合に限り、ACの方向けのセラピー(癒し)を僕はご提案しています。

セラピーを提案する時には、その概要と必要となる期間などもご説明しています。
このセラピーを受けて頂くには、少しの間、当方に通ってもらう必要があり、手間も時間もかかるので、慎重に判断を行っているのです。

もし、あなたがACで苦しんでいたり、あるいは、この記事を読んで、「自分はACではないだろうか?」と感じたなら、詳しくお話を伺ってみたいと思いますので、当方まで、気軽にご相談頂ければ幸いです。

ACについては、「こころケア」のHPにも書いてあるので、興味のある方は、是非、そちらも参照して下さい。


-次回に続く-



テーマ : AC(アダルトチルドレン)
ジャンル : 心と身体

tag : アダルトチルドレン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

「こころケア」カウンセラー平山靖高

Author:「こころケア」カウンセラー平山靖高
神奈川県川崎市中原区でカウンセラーをやってる平山靖高といいます。
1960年代の生れで、1980年代に早稲田大学を卒業後、富士通に就職。2014年に富士通を退職し、2年間バイトをしながら、カンセリングや心理学を学び、2016年7月にカウンセリングルーム「こころケア」を開業し、現在に至る。
離婚経験があり、現在は独身。ちなみに子供はいません。
詳しい自己紹介をブログ本文に載せているので、是非ご参照下さい。


ビール,音楽(最近のお気に入りは米津玄師のLemon),韓国旅行が好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

カウンセリング アダルトチルドレン 防衛機制 パーソナリティ障害 自己紹介 PayPay 富士通 愛着障害 カウンセリング技法 コミュニケーションスキル 開業 自己開示の返報性 返報性 多重人格 解離性同一性障害 好意の返報性 自尊心 完璧主義 職業倫理 早稲田大学高等学院 アディクション 嗜癖 適応障害 強迫神経症 ドア・イン・ザ・フェイス タイガーウッズ カウンセラー ADHD フット・イン・ザ・ドア 発達障害 大学時代 カウンセリング料設定 来談者中心療法 退職 離婚 早稲田 結婚 認知行動療法 統合失調症 カサンドラ症候群 GW JetSki 新婚生活 高校時代 依存症 ゴールデンウィーク 笑顔 上手なNOの言い方 完璧主義の治し方 ペット 年金 分離 投影 投射 カタルシス 子猫 里親募集 歯磨き 消費税 増税 不眠恐怖症 不眠症 自己肯定感 忖度 DV 同一化 Mami 韓国 ノンバーバルコミュニケーション 守秘義務 リストカット 摂食障害 アサーション 対話分析 バーバルコミュニケーション 逃避 性的暴力 補償 昇華 知性化 合理化 平成 令和 うつ 

「こころケア」公式SNS
「こころケア」アンケート
カウンター2020
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR