FC2ブログ

アダルトチルドレン(AC)の方が「生きにくさ」を感じるわけとは

「アダルトチルドレン(AC)とは、幼児期に、機能不全家族で育ったために、心に傷が残り、それが元で、大人になっても、こころに息苦しさや生きにくさを抱えている方の事を指します。」とご説明しました。

私は「息苦しさ」とか「生きにくさ」と表現しましたが、ちょっとわかりにくいと思いますので、このページで補足させて頂きます。

子どもにとって、親の愛情は、成長していく上で、必要不可欠なものです。

そして、この親の愛情が得られない時、子どもは子どもなりに必死になって親の愛情を得ようとするようになります。
もちろん、これは子ども自身、無意識で行っていることです。

例えば、ある子どもは、親に褒めてもらいたい一心で、すごく「よい子」を演じるようになります。
「よい子」を演じることで、親の気を引き、ほめてもらい、愛情を得ようとします。
一見すると、「よい子」なので、問題はなさそうですが、実際には、その子どもが成長した時、問題が生じるようになります。
長年、よい子を演じ、自分の気持ちを押し殺して生きてきて、やがて、それが習慣となってしまい、その子自身、自分が本当はどうしたいのか、よくわからなくなってしまったりします。
他人からみると、「礼儀正しい立派な人」かもしれませんが、ご本人は自分で自分の本当の気持ちがわからずに苦しんでいたりします。

例えば、ある子どもは、逆に「悪い子」になって親の気を引き、愛情を得ようとしたりします。
時々、兄弟が産まれると上の子が「赤ちゃん返り」してしまうことがあると言われますよね。原理はそれと同じです。
親に手間をかけさせることで、愛情を注いでもらおうとしているわけです。
この場合、そのまま成長すると、本当の「ワル」になってしまうかもしれません。


このように、一言でACといっても、様々な方がいらっしゃるわけですが、それを僕は「息苦しさ」とか「生きにくさ」と表現しました。

共通しているのは、心の奥底にある「愛して欲しかった」という飢餓感と「愛してくれなかった」という恨みにも似た負の感情があることです。

テーマ : メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

tag : アダルトチルドレン

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

「こころケア」カウンセラー平山靖高

Author:「こころケア」カウンセラー平山靖高
神奈川県川崎市中原区でカウンセラーをやってる平山靖高といいます。
1960年代の生れで、1980年代に早稲田大学を卒業後、富士通に就職。2014年に富士通を退職し、2年間バイトをしながら、カンセリングや心理学を学び、2016年7月にカウンセリングルーム「こころケア」を開業し、現在に至る。
離婚経験があり、現在は独身。ちなみに子供はいません。
詳しい自己紹介をブログ本文に載せているので、是非ご参照下さい。


ビール,音楽(最近のお気に入りは米津玄師のLemon),韓国旅行が好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター(PV)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

カウンセリング アダルトチルドレン 防衛機制 パーソナリティ障害 自己紹介 PayPay 富士通 愛着障害 カウンセリング技法 コミュニケーションスキル 開業 自己開示の返報性 返報性 多重人格 解離性同一性障害 好意の返報性 自尊心 完璧主義 職業倫理 早稲田大学高等学院 アディクション 嗜癖 適応障害 強迫神経症 ドア・イン・ザ・フェイス タイガーウッズ カウンセラー ADHD フット・イン・ザ・ドア 発達障害 大学時代 カウンセリング料設定 来談者中心療法 退職 離婚 早稲田 結婚 認知行動療法 統合失調症 カサンドラ症候群 GW JetSki 新婚生活 高校時代 依存症 ゴールデンウィーク 笑顔 上手なNOの言い方 完璧主義の治し方 ペット 年金 分離 投影 投射 カタルシス 子猫 里親募集 歯磨き 消費税 増税 不眠恐怖症 不眠症 自己肯定感 忖度 DV 同一化 Mami 韓国 ノンバーバルコミュニケーション 守秘義務 リストカット 摂食障害 アサーション 対話分析 バーバルコミュニケーション 逃避 性的暴力 補償 昇華 知性化 合理化 平成 令和 うつ 

「こころケア」公式SNS
「こころケア」アンケート
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR