富士通に栄光あれ!

僕がまだ富士通の社員だった頃、毎年毎年、経営幹部が
.
「今年こそ勝負の年だ」
「今年が正念場だ」
「今こそ真価が問われる」
.
とか何とか、同じ意味のことを言い回しを変えて、繰り返し繰り返し伝えてくるのが、とても鬱陶しく思っていました。
.
「また言ってるよ」
.
そんな感じで受けとめていました。
よくもまぁ、同じ意味のことを言い回しを変えただけで、毎年、毎年、壊れたレコードのように繰り返すもんだと。
(出世できない社員の感覚なんてそんなもんです)
.
でも、今は、そういうことを言う人たちの気持ちが、多少なりともわかるようになってきました。
.
実際、自分で商売を営むようになってみると、「今月は安泰だ」なんて思うことは、一度たりともありませんでした。
毎月毎月、
「今月はヤバイ。どうしよう?」
そう感じながらやってきました。
もちろん、規模が全然違いますから、同列に語ることは、おこがましかもしれませんが。
.
富士通ほどの会社となれば、幹部の肩には、社員十数万人に対する責任だけでなく、その社員の家族を含めたら、何十万もの人たちの生活がかかっています。
.
株主に対する責任もあるでしょう。
.
社会インフラに対する責任もあります。
東証のシステムを作った会社がつぶれてしまって、メンテナンスをできる会社がなくなってしまったら、一体どうなる?
.
僕が知っている富士通は国の防衛システムもかなり納入していました。
もし、富士通が経営不振で株価が暴落し、外国の企業に買収されるようなことが起きたら、この国の安全を守れるのか?
.
そういう、「異次元の責任」をしょってるからこそ、あの会社の幹部は、毎年、毎年、「危機感」を訴えていたんだろうなと、今は思います。
.
余談ですが、「外国企業による買収」に関していうと、「そんな心配をするほど、外資からみて魅力的な企業ではないから、どこも買わない」という話は関係者から聞いたことがあります。内部が「ぐちゃぐちゃだから買う価値もない」のだと。
.
どんな企業にも、栄枯盛衰はあるものです。
特に、今の富士通は、不採算をどんどん切り離しており、売上はピーク時の6割くらいになっています。
しかも、世界を見渡してみればGAFAの力は圧倒的で、もはや比較する人すらいないでしょう。
.
GAFAの連中は、例えるなら「網でごっそりさらっていく」ような商売をやっていますが、富士通の商売のスタイルは、この何十年変わらない「一本釣り」スタイルです。
業界トップの会社のシステムを作り、そのノウハウをもとにして、汎用化をして下方展開するという従来のスタイルから抜け出せていないように見えます。
.
今までの延長線で考えるなら、わが富士通に明るい未来はなさそうですが、僕が知っている富士通は「5年前までの富士通」です。
あの頃、AIなんてものはありませんでした。
今、彼らが何を考え、どこに進もうとしているのかは、もはや部外者となってしまった僕には知るよしもありません。
ただ、一人のOBとして「彼らの未来に栄光あれ!」と強く願っています。
出世しなかったとはいえ、退職後のいま、好き勝ってやらしてもらえて、充実した毎日を送れているのは、間違いなく、富士通のお陰なのですから。

確定申告

今日、2019年分の確定申告をしました。

僕は、マメなので、日頃から、売上も費用も、発生するたびに、エクセルに入力しており、毎年12月31日にはすべての集計作業が済んでいますから、「いざ申告!」の時には、集計済の数値を入力するだけなので、すぐに終わります。

去年までは、入力したものを印字して、税務署に持参して提出していましたが、毎回、2~3時間並ばなければならない上、税務署が駅から遠いので、とても面倒に感じていました。

なので、去年の夏に、税務署まで行って、確定申告用のIDとパスワードを貰っておきました。

というわけで、今年は、PCで入力が終わったら、あとは送信するだけで終了しました。

簡単で楽ちんです。

電子申請とはいえ、申告期間にならないと申告できないんだろうと思っていましたが、そんなことはないようで、今日申告データを送信することができました。

また、マイナンバーカードのイメージデータなんかも必要になるのかと思いましたが、それも不要でした。

もし、書面で申告している方がいらっしゃるようでしたら、電子申告はお勧めです。

圧倒的に簡単で楽です。

アダルトチルドレン(AC)・愛着障害の方向けセラピーを大幅にエンハンス

当方では、当方が2018年より提供している「アダルトチルドレン(AC)・愛着障害の方向けセラピー」(以下「本セラピー」)を大幅にエンハンス致しました。

■エンハンスのポイント
①「ジェノグラムに基づいたACの連鎖を断ち切る方法」の追加
②リプロセス・ワークの大幅改善
③「過去の経験から学べること」の大幅改善
④「瞑想」における音声データの提供開始

当方では、本セラピーを2018年より提供して参りました。
すでに、それから2年が経過しております。この間、利用者様の反応やリクエストにお応えする形で、さまざまな項目追加や改善を加えて参りましたが、2年間に渡り追加・修正を重ねてきた結果、もうそろそろ全体的な整合性を考慮した上で、「全面的な刷新」が必要と判断するに至りました。
このため、昨年(2019年)12月より「全面的な刷新」作業を進めてきた結果、2020年1月末より、提供開始の目処がたったため、本日、公表させて頂く運びとなりました。

僕は、こういうものには永遠に「完成形」はあり得ないと考えています。
世の中が変わり、人々のライフスタイルが変わり、テクノロジーが変わっていくものである以上、そこに存在する「セラピー」だけが不変なものであるはずがありません。
何億年も前から変化していない「シーラカンス」のようであってはならないのです。

僕は今回のエンハンスにより、従来よりも「顧客満足度」が上がることを期待しています。
そうなれば、より多くの「生の声」をお聴きすることができるようになり、それをいかせば、数年後には今より更に高いレベルのセラピーを作ることができるのだろうと思っています。

僕のセラピーを受けてみて、何かご不満に思った方は遠慮なく、何が不満だったのか、僕に教えて下さい!

僕のセラピーを受けてみて、物足りないと思った方は、遠慮なく、何が物足りなかったのか、僕に教えて下さい!

そうやって、皆さまからご意見を伺うことができれば、僕は僕のセラピをより一層進化させることができます。
それは、あなたの行為が間接的に、自分に続くアダルトチルドレン達を救うことにつながるということなのです。
ともにがんばりましょう!

新型コロナウィルス

新型のコロナウィルスによる感染(肺炎)が広がっているようですね。

「水際で感染防止を・・・・」などと言う方もいるかと思うけど、多分、それで防ぐのは不可能。
潜伏期間がある以上、鎖国でもしない限りは、感染者が国内に入ってくるのは避けられません。
何年か前の「新型インフルエンザ」の時がそうだったですよね。

手洗い・うがいなんかしたって、それも、たぶん無駄。
ウイルスは、いつ入ってくるかわからないんだから、防ごうと思ったら、24時間うがいと手洗いを休みなく続けなければ効果は期待できない。
そんなことは実際には実行不可能だから、手洗い・うがいで防ぐなんていうのは、気休めで、実行不能です。

それでは、どうするのか?って話になるかと思いますが、それは「人の力を信じること」だと思います。
人には、たいていの病気には打ち勝つだけの免疫力が備わっています。
それこそが「最高のデフェンス力」です。

でも、その「最高のディフェンス力」も心身のコンディションが悪ければ、本来の力を発揮することができません。
「寝不足・飲み過ぎ・過労・過度のストレス・度を超えた残業・心労など」を引きずっていれば、新型ウィルスに限らず、病気になってしまう確率が上がってしまいます。

だから、つまらない結論かもしれませんが、病気になりたくなかったら、「日々、美味しいものを適度に食べて、十分な睡眠を取り、自分の生活を楽しむこと」が最善の策だと思います。
この本質を知らずに、寝不足や過重労働をこなしながら、ひたすら、うがいや手洗いを続けるのは本末転倒の行動なんだろうなと思います。

マスコミが、このような報道をしないのは、それが「当たり前過ぎて面白くないから」だと思います。

IRとギャンブル依存症

最近、IR(統合型リゾート)をめぐり、いろいろ騒がしいですね。

賄賂を受け取ったとか受け取っていないとか・・・・

個人的には、そんなことにはあまり興味はなくて、もし、賄賂を贈ったり受け取ったりした人がいるのなら、すみやかに反省し、罪をつぐなって欲しいということくらいしか思いません。

でも、横浜市が誘致に積極的なことには興味があります。
山下埠頭あたりにカジノができるのなら、見に行ってみたいなぁ~とも思います。
僕の住んでいる川崎からは近いですから。

ただ、地元の方、つまり横浜市民の中には、誘致に反対の方も多いようですね。
たぶん、カジノなんかができれば、ギャンブル依存症の人が増えて、自己破産する人や借金がらみ犯罪も増えて治安が悪くなるのでは?という感じで心配されていて、反対されているんじゃないかな?って思います。

僕の根拠のない、個人的な見解ですが、僕はカジノができても、全体としては、ギャンブル依存症の人が大幅に増えるということはないんじゃないかなって思っています。
カジノがが呼び水になって、ギャンブル依存になるような方がいるのだとしたら、そういう方は、既存のギャンブル、つまり、パチンコや競馬なんかに、とっくのとうにギャンブル依存になっているのだろうと思うからです。

ただ、恐らく、横浜カジノができれば、近隣都県から、ギャンブル依存の人が「集まってくる」という現象は、おおいに起こるような気がします。

そうなると、反対派の人たちが心配しているように、ギャンブルに関連して、横浜の治安が一部で乱れるといのは、おおいにあり得ると思います。


国は「ギャンブル依存症対策を整備する」としているらしいですが、今現在でさえ、各種依存症の方へのケアが不十分なこの国で、どこまで有効な策があるのかといえば、そこは大いに疑問を感じます。

僕が少し前に調べた感じでは、日本では、ギャンブルに限らず、各種依存症の専門家も情報も圧倒的に少ないと感じたからです。

あまり不幸な結果にならないように祈っています。



発達障害の方の「コミュニケーションが苦手」とは

よく発達障害の方の親御さんから、「(発達障害の)うちの子は、コミュニケーションが苦手で・・・・」という話をされる機会があるのですが、僕は、具体的に、どう苦手なのか、ちょっと前までわかっていませんでした。

臨床心理学の本にも、「他人とのコミュニケーションが苦手」というようなことは書いてありましたが、あまり詳しく書かれていなかったので、去年の初め頃までは、あまりわかっていなかったのです。

でも、いくつか、実例を体験して、それがどういう「感じ」なのか、よくわかるようになりました。

■実例1
奥さんがつわりで苦しんでいると、「堕ろしてもいいよ」などと言ってしまう。

■実例2
知り合いに、検査でガンが見つかった時「良かったね」などと言ってしまう。

■実例3
「その態度は何だ!」などと怒られると、「態度」が問題なんだと思い込んでしまい、表情やしぐさなど、本質とは違うことを直そうと必死になってしまう。


いずれも、ご本人には全く悪意はないのですが、いや、無いからこそ、周囲の人を傷つける結果になってしまいます。

「堕ろしてもいいよ」というのは、目の前で奥さんが苦しんでいるのがかわいそうだと思い、そのように言ってしまうのです。
悪意は全くありません。
でも、言われた方は「悪意はないんだ」とわかってはいても、やはり傷つきますし、悪意がないことがわかっているので、言い返すこともできず、一人で苦しむことになります。

ガンの例では、「ガンを見つけるために検査してるわけだから、見つかったのはよいことだ」と考えて、そう言っているだけです。
もちろん、この例でも悪意は全くありません。

「態度」の例では、問題の本質は何か他のことにあり、その結果として「態度がどうのこうの」と相手が怒っているんだということにまでは推測することができないだけです。

すると、ご本人は「よい態度とは?」と一生懸命考えて、自分の表情や仕草、姿勢などの「表面的な態度」を直そうと必死になってしまったりします。
しかし、それは相手の怒りの本質ではありませんから、それで何かが解決することはありません。

その結果、ご本人は一生懸命努力しているのに、まわりからは、相変わらず叱られ続けたりするため、ご本人は「自分の親や学校の先生は(その努力や自分の気持ちを)「全然わかってくれない」と感じることになってしまうようです。

発達障害を抱えた子供はいじめの対象になりやすいです。
子どもは、自分たちとちょっとでも違うと、からかったり、意地悪したりすることがよくあるからです。
そして、いじっめっ子というのは、ちょっとずる賢いことが多く、大人たち相手にうまく立ちまわったりする「悪知恵」が働いたりすることも多いようですが、逆に発達障害の子には、そんな悪知恵は働かないことが多いのです。

その結果、親や先生に叱られるのは、いつも「不器用」な発達障害の子どもの方ばかり、ということが起きるようです。

そんな状態が続けば、誰だって学校になんか行きたくなくなりますよね。

このようにして、発達障害のこどもには登校拒否になっていきます。

このようなケースでは「自分の努力や気持ちを親が全然わかってくれない。親は私を愛してくれない」と本人が思っているので、将来、深刻な家庭不和を生みだすことがあります。

こどもが小さいうちは、まだ、しぶしぶでも、親の言うことに従うのでしょうが、やがて大きくなり、腕力も知力もついてくると、もはや親の手には負えないようになり・・・という例を僕は、実際に見てきました。

ゆがんだまま大人になってしまうと、それを修正するのは容易ではありません。

ですから、発達障害のこどもに不登校などが見られたら、とにかく、「早く」対応しなくてはいけません。

「わかってくれない・愛してくれない」という恨みにも似た感情を抱えたまま大人になってしまえば、もはや社会への適応は不可能になってしまいます。


また、別の事例では、下記のようなものもありました。

その子は、僕に「受付の人がにらむから医者には行きたくない」と言いました。

「先生がにらむから、学校へ行きたくない」と言い、学校にも行かなくなりました。

そのうち、「お父さんがにらむ」「お母さんがにらむ」と言うようになりました。

もうおわかりかと思いますが、この「にらむ」といのは、その子の被害妄想だと考えた方が無難です。

そんなに周囲の方が、そろいもそろって、その子のことをにらむというには、不自然で考えにくいからです。

この場合、対処方法は、僕にはわかりません。

ご両親も困り果てて僕のところへやってきたのですが、僕にも何もできませんでした。


僕は、4年間の経験から申し上げるのですが、当方では「こどもへの対応」はできません。
それは、大人と子どもでは、全く対応方法に違いがあるだろうと思われることの他、僕は児童心理学も学んでいないからです。

以前は、「子どもでも対応してもらえますか?」と聞かれたら「まずは、お話を聞かせて下さい」と答えていましたが、何件か上記のようなケースを体験して、僕に子どもの対応はできないことがわかったので、今は、最初から対応できない旨説明して断ることにしています。

「冷たい」感じを与えるかもしれませんが、どうせ力になれないことがはっきりしているのであれば、最初から変な期待は持たせない方が良心的というものでしょう。

この先、こども相手のよい医療機関やカウンセリングルームが見つかったら、そういうところを紹介するようにしていきたいと思っています。
プロフィール

「こころケア」カウンセラー平山靖高

Author:「こころケア」カウンセラー平山靖高
神奈川県川崎市中原区でカウンセラーをやってる平山靖高といいます。
1960年代の生れで、1980年代に早稲田大学を卒業後、富士通に就職。2014年に富士通を退職し、2年間バイトをしながら、カンセリングや心理学を学び、2016年7月にカウンセリングルーム「こころケア」を開業し、現在に至る。
離婚経験があり、現在は独身。ちなみに子供はいません。
詳しい自己紹介をブログ本文に載せているので、是非ご参照下さい。


ビール,音楽(最近のお気に入りは米津玄師のLemon),韓国旅行が好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

カウンセリング アダルトチルドレン 防衛機制 パーソナリティ障害 自己紹介 PayPay 富士通 愛着障害 カウンセリング技法 コミュニケーションスキル 開業 自己開示の返報性 返報性 多重人格 解離性同一性障害 好意の返報性 自尊心 完璧主義 職業倫理 早稲田大学高等学院 アディクション 嗜癖 適応障害 強迫神経症 ドア・イン・ザ・フェイス タイガーウッズ カウンセラー ADHD フット・イン・ザ・ドア 発達障害 大学時代 カウンセリング料設定 来談者中心療法 退職 離婚 早稲田 結婚 認知行動療法 統合失調症 カサンドラ症候群 GW JetSki 新婚生活 高校時代 依存症 ゴールデンウィーク 笑顔 上手なNOの言い方 完璧主義の治し方 ペット 年金 分離 投影 投射 カタルシス 子猫 里親募集 歯磨き 消費税 増税 不眠恐怖症 不眠症 自己肯定感 忖度 DV 同一化 Mami 韓国 ノンバーバルコミュニケーション 守秘義務 リストカット 摂食障害 アサーション 対話分析 バーバルコミュニケーション 逃避 性的暴力 補償 昇華 知性化 合理化 平成 令和 うつ 

「こころケア」公式SNS
「こころケア」アンケート
カウンター2020
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR