自己紹介-富士通時代5.別れ-

僕たちの結婚生活は、しばらくは順調でした。

僕は、家事などはやりませんでしたが、奥さんは、文句を言うこともありませんでした。

夜、寝る時は手をつないだまま眠り、出勤も駅まで、手をつないで行く。

週末は、一緒に海ですごす。
そんな仲良し夫婦でした。

そんな順調な結婚生活が、どこか、おかしくなってきたのは、結婚して1年くらいたった頃だったように記憶しています。

いつの間にか、手をつないだまま眠ることも、手をつないで駅まで行くこともなくなりました。
家の中には、なんとなく重い空気が漂うようになってきていました。

理由は、いまだに、よくわかりません。

僕は家事はやりませんでしたが、浮気もしませんでしたし、暴力をふるったこともありませんでした。もちろん、アルコール依存でもありませんでしたし、借金もありませんでした。

それでも、二人の間には、どことなく重い空気が漂い、ある時から、奥さんが家に帰って来なくなりました。

戻ってくるよう、奥さんを何回も説得しましたが、徒労に終わりました。

ちなみに、奥さんに他に男ができたという訳でもないようでした。

僕は関係修復の努力を続けましたが、最終的には、離婚せざる得ないという結論に至りました。

このようにして、僕たちの結婚生活は約3年という短い期間で終わったのでした。


話は、変わりますが、僕の現在の職業であるカウンセラーには「共感力」が大変重要です。相談者さんの立場に立ち、相談者さんの気持ちに寄り添い、共感しなければ、よいカウンセリングはできません。

従って、カウンセラーには、人生経験が豊富であることが求められます。
結婚したことのないカウンセラーには、結婚の幸せ感は、共感をもって理解することはできませんし、離婚したことのないカウンセラーには、離婚の寂しさ、やるせなさは理解することができません。

そういう意味では、僕は、結婚も離婚も経験しましたので、貴重な経験だったと言えると思います。


離婚しても、僕は、相変わらず、富士通で働いていましたが、離婚してしばらくたった頃、世の中で大きな出来事が起こりました。

それは、「ITバブルの崩壊」です。
国内では、IT大手である富士通にも変革の波は押し寄せ、それは、やがて僕の人生にも影響するようになります。

何が起こったのか?

その辺の話は、また次回。


tag : 離婚 自己紹介

プロフィール

「こころケア」カウンセラー平山靖高

Author:「こころケア」カウンセラー平山靖高
神奈川県川崎市中原区でカウンセラーをやってる平山靖高といいます。
1960年代の生れで、1980年代に早稲田大学を卒業後、富士通に就職。2014年に富士通を退職し、2年間バイトをしながら、カンセリングや心理学を学び、2016年7月にカウンセリングルーム「こころケア」を開業し、現在に至る。
離婚経験があり、現在は独身。ちなみに子供はいません。
詳しい自己紹介をブログ本文に載せているので、是非ご参照下さい。


ビール,音楽(最近のお気に入りは米津玄師のLemon),韓国旅行が好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

カウンセリング アダルトチルドレン 防衛機制 パーソナリティ障害 自己紹介 PayPay 富士通 愛着障害 カウンセリング技法 コミュニケーションスキル 開業 自己開示の返報性 返報性 多重人格 解離性同一性障害 好意の返報性 自尊心 完璧主義 職業倫理 早稲田大学高等学院 アディクション 嗜癖 適応障害 強迫神経症 ドア・イン・ザ・フェイス タイガーウッズ カウンセラー ADHD フット・イン・ザ・ドア 発達障害 大学時代 カウンセリング料設定 来談者中心療法 退職 離婚 早稲田 結婚 認知行動療法 統合失調症 カサンドラ症候群 GW JetSki 新婚生活 高校時代 依存症 ゴールデンウィーク 笑顔 上手なNOの言い方 完璧主義の治し方 ペット 年金 分離 投影 投射 カタルシス 子猫 里親募集 歯磨き 消費税 増税 不眠恐怖症 不眠症 自己肯定感 忖度 DV 同一化 Mami 韓国 ノンバーバルコミュニケーション 守秘義務 リストカット 摂食障害 アサーション 対話分析 バーバルコミュニケーション 逃避 性的暴力 補償 昇華 知性化 合理化 平成 令和 うつ 

「こころケア」公式SNS
「こころケア」アンケート
カウンター2020
更新通知登録ボタン

更新通知で新しい記事をいち早くお届けします

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR