FC2ブログ

摂食障害とカウンセリング

摂食障害には、食べ過ぎてしまう過食症と食べなくなってしまう拒食症があります。

摂食障害になってしまう背景には、多くの場合、「大人になりたくない」という「成熟拒否」や母親への愛情飢餓などの心の葛藤があります。

拒食症においては、日本では死亡率が10%もある危険な病であり、まずは体重を増やして体を普通の状態に戻すことが重要となります。

拒食症の人は、ガリガリに痩せていても、太っていると感じる身体像の誤認、体重が増えることに対する強い肥満恐怖があり、痩せていることを認めようとしない傾向があります。

半分くらいの方は、過食症に移行すると言われ、それでもやせていることを維持しようと自己嘔吐や下剤の乱用に走ったりします。

過食症においては、拒食症のように餓死することはないのですが、血糖値や中性脂肪が上昇するなどの弊害が出てきます。
それでも、完全に過食を封じるのは難しいので、現実解としては、お医者さんは、「食べたくなったら、大福一個で我慢しましょう」というような指導をされることが多いようです。

拒食症における痩せていることに対するこだわりは、病気の症状であって、もっと食べるようにという説得には意味がありません。
それよりも大切なのは、本人のつらい気持ちや背景にある心の葛藤を理解してあげることです。

もし、本人が、悩みを打ち明けてきたら、真剣に耳を傾け、今の自分を支えてくれる人がいるという感覚を持ってもらうことが大切です。

なお、摂食障害の方は、「太っている」=「醜い」という自動思考に陥っていることがあります。

多少ふくよかなのは、「個性」であり、「醜い」などというのは考え過ぎだとわかってもらうのも大切だと思います。

tag : カウンセリング 摂食障害

プロフィール

「こころケア」カウンセラー平山靖高

Author:「こころケア」カウンセラー平山靖高
神奈川県川崎市中原区でカウンセラーをやってる平山靖高といいます。
1960年代の生れで、1980年代に早稲田大学を卒業後、富士通に就職。2014年に富士通を退職し、2年間バイトをしながら、カンセリングや心理学を学び、2016年7月にカウンセリングルーム「こころケア」を開業し、現在に至る。
離婚経験があり、現在は独身。ちなみに子供はいません。
詳しい自己紹介をブログ本文に載せているので、是非ご参照下さい。


ビール,音楽(最近のお気に入りは米津玄師のLemon),韓国旅行が好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター(PV)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

カウンセリング アダルトチルドレン 防衛機制 パーソナリティ障害 自己紹介 PayPay 富士通 愛着障害 カウンセリング技法 コミュニケーションスキル 開業 自己開示の返報性 返報性 多重人格 解離性同一性障害 好意の返報性 自尊心 完璧主義 職業倫理 早稲田大学高等学院 アディクション 嗜癖 適応障害 強迫神経症 ドア・イン・ザ・フェイス タイガーウッズ カウンセラー ADHD フット・イン・ザ・ドア 発達障害 大学時代 カウンセリング料設定 来談者中心療法 退職 離婚 早稲田 結婚 認知行動療法 統合失調症 カサンドラ症候群 GW JetSki 新婚生活 高校時代 依存症 ゴールデンウィーク 笑顔 上手なNOの言い方 完璧主義の治し方 ペット 年金 分離 投影 投射 カタルシス 子猫 里親募集 歯磨き 消費税 増税 不眠恐怖症 不眠症 自己肯定感 忖度 DV 同一化 Mami 韓国 ノンバーバルコミュニケーション 守秘義務 リストカット 摂食障害 アサーション 対話分析 バーバルコミュニケーション 逃避 性的暴力 補償 昇華 知性化 合理化 平成 令和 うつ 

「こころケア」公式SNS
「こころケア」アンケート
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR