FC2ブログ

防衛機制-合理化-

心を守る仕組み「防衛機制」のうち、「合理化」とは、都合の良いもっともらしい理由をつけて自分を正当化することです。

この合理化については、「すっぱいブドウの理論」が有名です。

それは以下のようなたとえ話です。

ある日、キツネがおいしそうなブドウが実っているのを見つけます。
ところが、キツネがいくらジャンプしてもブドウに届かず、どうしても食べることができません。
やがて、そのキツネは「どうせあのブドウはすっぱくてまずいブドウだ」と捨て台詞を吐いて去っていきます。

ブドウが美味しいかすっぱいかは、食べてみなければわからないわけですが、キツネは、それを「すっぱい」と決めつけて、納得しようとしている訳です。

このように、本当は欲しくても手に入らないものを不当に低く評価してしまうのです。

この「欲しくても手に入らないもの」とは、好きになった人の愛情であったり、会社での地位であったり、人によって様々です。

例えば、好きな人に振り向いてもらえず、「あの男(女)は最低人間だから、付き合わなくて良かった」などというのは、この「合理化」であると言えます。
この場合、本人は片思いをふっきれたような気分になっていますが、心の底のほうでは、まだ愛しているので、そのようなセリフが出てくるのです。
本当にふっきれた人は、悪口など言わず、とりたててその人のことを話題にしようとはしないものです。
ですから、僕がそのようなセリフを聞いた時には、

「あ~、本心ではまだ好きなんだし、傷は癒えていないんだな~」

と考え、その方のやるせない気持ちに寄り添うようにしています。


テーマ : メンタルヘルス
ジャンル : 心と身体

tag : 防衛機制 合理化

プロフィール

「こころケア」カウンセラー平山靖高

Author:「こころケア」カウンセラー平山靖高
神奈川県川崎市中原区でカウンセラーをやってる平山靖高といいます。
1960年代の生れで、1980年代に早稲田大学を卒業後、富士通に就職。2014年に富士通を退職し、2年間バイトをしながら、カンセリングや心理学を学び、2016年7月にカウンセリングルーム「こころケア」を開業し、現在に至る。
離婚経験があり、現在は独身。ちなみに子供はいません。
詳しい自己紹介をブログ本文に載せているので、是非ご参照下さい。


ビール,音楽(最近のお気に入りは米津玄師のLemon),韓国旅行が好きです。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
アクセスカウンター(PV)
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

タグ

カウンセリング アダルトチルドレン 防衛機制 パーソナリティ障害 自己紹介 PayPay 富士通 愛着障害 カウンセリング技法 コミュニケーションスキル 開業 自己開示の返報性 返報性 多重人格 解離性同一性障害 好意の返報性 自尊心 完璧主義 職業倫理 早稲田大学高等学院 アディクション 嗜癖 適応障害 強迫神経症 ドア・イン・ザ・フェイス タイガーウッズ カウンセラー ADHD フット・イン・ザ・ドア 発達障害 大学時代 カウンセリング料設定 来談者中心療法 退職 離婚 早稲田 結婚 認知行動療法 統合失調症 カサンドラ症候群 GW JetSki 新婚生活 高校時代 依存症 ゴールデンウィーク 笑顔 上手なNOの言い方 完璧主義の治し方 ペット 年金 分離 投影 投射 カタルシス 子猫 里親募集 歯磨き 消費税 増税 不眠恐怖症 不眠症 自己肯定感 忖度 DV 同一化 Mami 韓国 ノンバーバルコミュニケーション 守秘義務 リストカット 摂食障害 アサーション 対話分析 バーバルコミュニケーション 逃避 性的暴力 補償 昇華 知性化 合理化 平成 令和 うつ 

「こころケア」公式SNS
「こころケア」アンケート
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR